震災発生以降のマイブーム、サッカーからの自己肯定(〃⌒ー⌒〃)

ここでは、「震災発生以降のマイブーム、サッカーからの自己肯定(〃⌒ー⌒〃)」 に関する記事を紹介しています。
侍イレブンになったきっかけは、アジアカップ2011決勝戦の優勝を決定づけた
ボレーシュートですが

最近、特にインパクト大だったのは

佐藤寿人選手の
「小さくても、勝てる」

になった一番最初は李忠成選手で、他にも吉田麻也選手もアメブロ読者登録

私の、本名の名字は

からまでののクラスには、必ずもう2人は同じ名字がいた
全国規模で、多い名字ですが

まさか、マイブームのでも
同姓、またはそれに近いレベルで多い名字の選手さん達に肩入れしていたとは、我ながら

私の名字は、ケンミンSHOW系のの解説によると

「中央政権の王道路線では頭角を表せない後発組だったので、未開の地だった関東に新天地でのチャレンジを求めたフロンティアでアドベンチャーの中でも特に、関東地方に見られることが多い傾向はその名残」とか

確かに、バブル崩壊直後の最後の第二次ベビーブーマー世代に加えては時間通りに来ない方が当然地帯での運転厳禁な内部性発作症状の

フルマラソン完走や出勤朝6時~帰宅夜10時過ぎまで移動時間も勤務中も膀胱炎が職業病になるまでを我慢しながらのような、体力的にかなりのハードワークをしてもストレス管理さえできていれば日常生活には全く支障ないし、社会全体はもちろんそれも関係が近くなればなるほど症状に理解がなかったことで、新卒時の卒業間際期に内定をされたこともありにしていましたが

他の人と同じ条件づけだと、どこのハローワークでも窓口の求人票を見せての面接の紹介状申請段階で「通勤条件が不利過ぎます」の一言と共にがほとんど

私なりの最終的な結論として、他人様が出勤しないメイン出勤の入会促進の単発派遣社員が、雇用を尋ねて20年…の中では一番長く定着できていたしブラック性の低い就業内容でした

仕事のスケールや成果こそ全く違うのは、もちろん自覚していますが

ポジティブ思考を念頭に、様々な分野への貪欲な探求心や好奇心で裾野や奥行きを拡げ、自分自身との戦いに勝利することを目指すための
ゴールという目標の前でマークする対戦相手の裏をかき逆を突く思考の実践として、自分が相手だった場合を想定しながら全身をフル稼働させて自分にとってのベストな状況に相手を誘導

実は私自身、高校受験時に

今だから言える、ここだけの話
大変恥ずかしながら、自宅最寄りの男女共学公立は合否ギリギリの偏差値だった上にスベリ止めの受験当日にと、ガケップチにも程があり過ぎ


いくら一夜づけをしてもで奇跡的な成績は、明らかにアリエナイザー

ない知恵を、絞った結果

同じでもしか行かないクラスを受験すると公言して、成績が明らかに優位なの油断を誘発

願書提出日、受験先別の集合時には志望先が一緒のの「何故こっちに」を「気が変わった」の一言でスルーして、受験
ようやく、自宅最寄りの男女共学公立高校に滑り込みながら無事合格

高学年時代の担任に「打算的」と通信簿に明記されたり、姉の夫からは暴力を振るわれた時「狡くてしたたか」と罵られた過去もありますが

裏口とか替え玉のような不正行為は、それこそ天地神明に誓っても全くありません

他人様と同じ手段方法ではに参加自体が門前払い扱いにされてしまう有形無形の何らかのハンディを抱えた人間は、生まれついた段階で一生他人様に先んじたいと考えるどころか他人様との共存共栄圏内に参加するための工夫自体を願ってもいけないと強要しているのと、同じですよね


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neko1009.blog20.fc2.com/tb.php/472-5ce1d365
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック