人類補完計画の、小さくて大きな「はじめの一歩」

ここでは、「人類補完計画の、小さくて大きな「はじめの一歩」」 に関する記事を紹介しています。
遥か年以上の、過去ですが

市の集団検診の検診を初めて受けた時、子宮勁がん検査で器具が大き過ぎたのか入口をケガ

幸い、市役所の職員さんの付き添いとの送迎ででの手当てを受けられたので、身体自体の後遺症は何もありませんが

それでもやはり、精神的なショックは今でも大きいし

生来のから、周囲に刷り込まれていた「妊娠出産や育児の体勢は現実問題として=も戦力外」を感じていたり

実際、結婚を目標に努力したいとの席で半ば冗談めかしてのにしただけで
「今更手遅れだから、宗教団体の修行者になって尽くすように」とにさせただけでは気が済まないのか、人生そのものを貢ぎ物にされそうになったことも

ようやく意を決して向かったは、二連続で外れだったこともあり
生理不順の相談も、ハードルはベルリンの壁か度線並みの精神的苦痛だった私



@SEX_no_kyokasho:

女性の膣は柔軟だから、どんな大きさのペニスにもフィットします。勃起時に5センチあれば充分【女医が教える本当に気持ちのいいセックス スゴ技編】http://amzn.to/WCiSoe

--ついっぷるで共有機能からの、引用です--

http://twitter.com/SEX_no_kyokasho/status/522065265408761857



膣の奥は生命を司る聖域に続いていることを念頭に置けば

大は小を兼ねるなど、絶対に

過ぎたるはなお及ばざるが如しの精神で、お願いします
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neko1009.blog20.fc2.com/tb.php/463-732e45fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック