女子力の高い相手に、女子力のなさを自覚している自分が対峙する時(*´ー`*)

ここでは、「女子力の高い相手に、女子力のなさを自覚している自分が対峙する時(*´ー`*)」 に関する記事を紹介しています。
唯一、使える方法は

「無理な背伸びをせずに、最初から素顔や手の内をさらけ出してしまうこと」という意味の

柴門ふみさんのオムニバス
「女ともだち」の中のエピソードの一つにありました

有名人だけでなく、ごく身近な人達の中にも
「同性の女子から見てもになってしまう魅力を持つ、才色兼備で性格もな女性」は、確かに実在しますよね



@SEX_no_kyokasho:

「ミステリアスでセクシー」「かけひきが上手い」「放っておけない存在」――狙った男を確実に落としているのは、そんな女たち。【小悪魔な女になる方法】http://amzn.to/Vv83ji

--ついっぷるで共有機能からの、引用です--

http://twitter.com/SEX_no_kyokasho/status/519847641723576321



私のツイッターのフォロアーさんにもいますが、この場に直接できないことがつくづく残念

女子力のなさ以上に、自己嫌悪を感じてしまうことを確信しているのは
ないものねだりや現実逃避を棚にあげて、見苦しい嫉妬をしてしまうこと

一見して出ている結果は、全く同じだったとしても

全力を尽くした果てに自分をわきまえて、自分にはない魅力を持つ他者の存在を受け止めたり
出逢いをきっかけに、自分の人生に活かせる何らかを学ぶ機会を得られたことを感謝

弱者のバイタリティと言われてしまえば、それまでですが

少なくとも、悪あがきや恥の上塗りではありませんよね
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://neko1009.blog20.fc2.com/tb.php/432-eb7c5d29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック